久喜提燈祭り「天王様」

提燈祭りの見どころ!


八雲神社御仮屋(12日・18日 12:20~)

八雲神社の式典が開始します、両日ともここから巡行が開始します。
12日は全町の山車(東一を除く)6台が八雲神社御仮屋前に集合します。
志ん一・志ん二・仲町は「提灯山車」、本一・本二・本三は「人形山車」で参加するため、2種類の山車を同時に見ることができます。
18日は全町の人形山車・東一・清久地区の人形山車1台の計8台が八雲神社御仮屋前に集合します。

駅前ロータリー

7月12日・18日(20:20~)

各町内連動の最後に、全山車が駅前広場に集合します。
各町の山車が、1台づつ駅前広場に登場します。駅前広場への入り口は、カーブとなっています、曲がりながら勢いをつけて山車が進入する様は、迫力満点です!
各町の山車が集合すると、定位置に陣取ります。その後、式典が行われます、式典終了後の各町内のパフォーマンスは必見です!


 

7月18日(13:00~)

 各町の人形山車が御仮屋をスタートして駅前広場に集合します。人形山車が一堂に揃うシーンはここが見どころです!その後20m道路(駅を背に右側の広い通り)連動します。人形山車の連動もまた見どころの一つです!
 

巡行

7月12日(20:00~)

 
各町の提灯山車が20m道路・駅前通りを中心に連動します。20m道路は広いので写真も撮りやすく、比較的ゆっくりと動きますので提燈山車を堪能できるとおもいます。


 

7月18日(13:50~)

 各町の人形山車が20m道路(駅を背に右側の広い通り)で連動します。人形山車の連動もまた見どころの一つです!
 

四つ角

7月12日・18日(21:00~)

 四つ角(交差点)
 新町の四つ角(武蔵野銀行近く)には、志ん一・志ん二・仲町・東一、 本町の四つ角(金重近く)には、本一・本二・本三・清久の山車が集合し、互いを兆発し合います。
祭りも終盤に近づき、若い衆の熱気もピークに達します!ここでの「ぶっつけあい」は駅前ロータリーのものより激しい場合があります。この四つ角のパフォーマンスは久喜提燈祭り「天王様」を締めくくる最大の盛り上がりなのかもしれません!